ワンオペ お風呂時間のコツと便利グッズを徹底解説

「ワンオペでお風呂に入れるのはどうしたらいいんだろう?」

「お風呂時間に役立つ便利グッズが知りたい」

「お風呂でハプニング!気を付けることって?」

ワンオペで子どもをお風呂に入れるのは大変です。

月齢別でお風呂に入れる方法や双子編も併せて解説します。

少しでも楽にできるよう、便利グッズも活用してお風呂時間を乗り切ってくださいね。

ひなしょ

ワンオペお風呂はスピードと体力勝負です。

目次

月齢別に解説!ワンオペでお風呂に入れる方法

ワンオペで子どもをお風呂に入れるなら、とにかく準備をしっかりすることをおススメします。

お風呂に入れる流れに沿って手順を解説していきますので、準備するものと一緒に確認してみてください。

生後0~3ヶ月

1ヶ月検診でお医者さんから許可があれば、大人と一緒にお風呂に入ることができます。

しかし、首のすわらない赤ちゃんと一緒にお風呂に入るのは安全面でも不安があります。

生後3ヶ月までは赤ちゃんの入浴に集中できるベビーバスでの沐浴をおススメします。

準備するもの

  • 赤ちゃん用フード付きタオル
  • 着替え、おむつ
  • ガーゼ 体洗い用
  • 大きめのガーゼ 沐浴中赤ちゃんの体に乗せておくと安心するよ
  • ベビー用ソープ
  • ベビーバス
  • ママ用バスローブ
  • ベビーローション

手順

  • 着替えを広げて準備しておく
  • 沐浴
  • 体をふく
  • ベビーローションで保湿をする
  • 赤ちゃん着替え
  • 授乳

ベビーバスは洗面所やキッチンのシンクで使えるタイプを選ぶと、お湯はりもスムーズですし何より腰の負担も少なくておススメです。


生後4~9ヶ月

生後4ヶ月になると体も大きくなりベビーバスでは小さく感じます。

首がすわったタイミングで大人と一緒にお風呂に入ることをおススメします。

沐浴と比べてより気を付けなくてはいけない点もあわせて確認します。

準備するもの

  • 赤ちゃん用フード付きタオル
  • 着替え、おむつ
  • ガーゼ 体洗い用
  • ベビー用ソープ
  • ママ用バスローブ
  • ベビーローション
  • 浴槽内滑り止めマット
  • バスマット
  • バスチェア
  • バウンサー

手順

  • 着替えを準備する
  • 脱衣所、浴室を温める
  • ママが体、髪を洗う (赤ちゃんはバウンサーで待機)
  • 赤ちゃんの体を洗う
  • 湯舟に一緒に入る
  • お風呂から出るときは抱っこしながらママ用バスローブに一緒にくるまる
  • 赤ちゃんの体をふき、ベビーローションで保湿をする
  • ママ着替え
  • 授乳

ママが先に体を洗っている間、赤ちゃんを待機させる場所としてバウンサーがおススメです。

ベルトでしっかり体を支えているため、たとえ嫌がって暴れても転倒の恐れがありません。

赤ちゃんの振動で適度に揺れてくれるためか、泣かずに待っていてくれました。


生後10ヶ月~

生後10ヶ月を過ぎたら同時入浴をおススメします。

つかまり立ちの時期は目が離せなくなり、赤ちゃんを待たせておけなくなるからです。

ハプニングも起こりがちですので、慌てないための注意点と手順を確認します。

準備するもの

  • 赤ちゃん用フード付きタオル
  • 着替え、おむつ
  • ベビー用ソープ
  • ママ用バスローブ
  • ベビーローション
  • 浴槽内滑り止めマット
  • バスマット
  • お風呂用おもちゃ

注意点

  • 目を離さない ママがシャンプー中も目を開ける覚悟で!
  • 手の届くところに危険なものを置かない
  • シャワーの温度は低めにする

手順

  • 着替えを準備する
  • 脱衣所、浴室を温める
  • 同時入浴 湯舟に入る
  • 同時に洗い場に出てママが体、髪を洗う
  • 赤ちゃんの体を洗う
  • 再度、湯舟に入る
  • 浴槽で赤ちゃんの体をふき、おむつをはかせる
  • ベビーローションで保湿し着替え
  • ママ着替え
  • 水分補給

つかまり立ちができるようになると、赤ちゃんの体を洗うのが楽になります。

その分、転倒のハプニングは多くなるので注意が必要です。

寝返りやハイハイで動きも活発になり、着替えには苦労することも増えます。



双子編

ワンオペで双子をお風呂に入れるのは別次元で大変です。

体力勝負になりますのでスムーズに進むよう手順を確認します。

生後3ヶ月までは二人を順番に沐浴します。

生後4ヶ月~9ヶ月までの手順

  • 着替えを準備する
  • 脱衣所、浴室を温める
  • ママが体と髪を洗う 
  • 一人目を入浴  2人目は脱衣所のバウンサーで待機
  • 一人目入浴後、保湿、着替えをする
  • 二人目を入浴
  • 一人目は脱衣所のバウンサーで待機
  • 二人目入浴後、保湿、着替えをする
  • 二人を順番に授乳

順番に入浴させるのでママは何回も湯舟に浸かることに。

のぼせないように注意が必要です。

ひなしょ

時間もかかるので入浴前後でのママの水分補給も忘れずに!

生後10ヶ月~の手順

  • 着替えを準備する
  • 脱衣所、浴室を温める
  • ママが体、髪を洗う 双子は待機(好きなアニメや動画が活躍)
  • 双子を同時入浴する
  • 双子をつかまり立ちの状態で順番に洗う
  • 浴室内で体をふき、おむつをはかせる
  • ママはバスローブを羽織り、双子を保湿、着替え
  • 双子を順番に水分補給

同時入浴は目も離せず大変ですが、時間短縮できるメリットがあります。

双子が歩けるようになれば一気にお風呂時間も楽になり、お風呂で遊んであげる余裕も生まれてきます。

ひなしょ

大変な時期はいずれ終わります。双子を寝かしつけた後の自分時間でリフレッシュしてくださいね

あれば助かる便利グッズ8選

ワンオペでのお風呂で強い味方になってくれる便利グッズを紹介します。

一日の大仕事、お風呂をスムーズに終えて、その後の自分時間でリフレッシュしましょう。

ひなしょ

お風呂を終えれば一日の終わりが見えてきます。あとひと踏ん張りです。

1 小型ヒーター

脱衣所を温めるためにあると便利です。

体温調節が未熟な赤ちゃんのお風呂待機や着替え時間は快適な空間をつくってあげましょう。

小型でもパワーがあり短時間で温まるものがいいです。

夜中の授乳時に暖を取るだけでなく、ライト代わりにもなり重宝します。

おむつ替えできる程度の明るさもありも助かりました。


2 バウンサー

赤ちゃんの待機場所として脱衣所に置くと便利です。

待機中ママが見える場所にいるのは何よりの安心感につながります。

赤ちゃんの動きに合わせて揺れてくれるため、気に入って飽きずに待っていてくれて助かりました。

また折りたたむとコンパクトになるため、部屋の中の移動だけでなく帰省の際も重宝しました。

汚れても布部分が外せて洗濯できるのもよかったです。


ひなしょ

角度も3段階切り替え可能!食事、お昼寝などいろんな場面で大活躍しました。

3 ママ用バスローブ

ワンオペお風呂にママ用バスローブは必需品です。

お風呂上りにママが自分の体をふいている余裕はありません。

羽織って赤ちゃんを抱っこすればママも赤ちゃんも同時に体がふけますし、ママが湯冷めすることもありません。

お風呂上りの着替えから授乳まで一気に終わらせることもできます。

4 浴槽内滑り止めマット

つかまり立ちができるようになったら浴槽内の滑り止めマットを準備しましょう。

浴槽内は滑りやすいため転倒事故の確率が上がります。

強力な吸盤が浴槽の底にしっかりと吸着しずれにくく、滑り止め効果は抜群です。・

浴槽内で抱っこした際も安心です。


5 バスチェア

赤ちゃんの首がすわって一緒に入れるようになったらバスチェアがあると便利です。

抱っこのまま赤ちゃんの体を洗うのは、石鹸ですべって落としてしまうリスクを増幅します。

バスチェアがあれば安全に赤ちゃんの体を洗えますし、何より両手が空いて楽です。

赤ちゃんと同時にママの体を洗うことも可能です。

空気で膨らむバスチェアなら肌に当たってもヒヤッとすることなく使えますし、何より軽くて持ち運びも楽でした。


6 赤ちゃん用フード付きタオル

赤ちゃんの体をふくのにフード付きタオルが便利です。

くるんでフードをかぶせるだけで一気に水分を吸収してくれるので湯冷めを防ぐことができます。

ダブルガーゼ素材が柔らかく、赤ちゃんの肌にも優しくて敏感肌の我が子に最適でした。

夏の家プールのときにもフードつきは重宝しますし、長く使えてよかったです。


7 バスマット

バスマットがあると首がすわったばかりの赤ちゃんの体を洗う時に寝かせられて便利です。

冬場のお風呂の床は冷たくなるので、バスマットがあれば足もヒヤッとしなくてすみます。

こちらのバスマットは厚手なので転倒の衝撃も吸収してくれて、もしものときにも安心です。


8 待機中のお気に入りアイテム

待機中の子が機嫌よく待っていてくれるためのとっておきのアイテムを用意しましょう。

例えばお気に入りのおもちゃやタオル、興味を引く動画やテレビなど。

大人しく待っていてくれさえすればそれでいいのです。

赤ちゃんに動画を見せることに抵抗のある方も普段見せないからこそ効果がある!と割り切って、利用するのもいいですよ。

ひなしょ

ワンオペお風呂は割り切りも必要です。やり切ることが大事です。

お風呂ハプニングで気を付けること

お風呂時間はハプニングがつきものです。

しかし、考えうる準備をしておけば慌てることはありません。

ハプニングに備え、便利グッズや気を付けることを確認します。

ハプニング1 転倒

お風呂場での転倒ハプニングに備えるには浴槽内滑り止めマット、バスマットが効果的です。

赤ちゃんを落とさないようにと気をとられるあまり、足元も見えず両手もふさがった状態での赤ちゃんとのお風呂は転倒のリスクが大きいです。

マットを準備してハプニングに備えましょう。

ハプニング2 風邪

ワンオペでのお風呂はスピード勝負です。

赤ちゃんは体温調節が未熟なため、長湯もできませんし湯冷めもしやすいです。

できるだけ浴室内で体をふいてから出ることをおススメしますが、赤ちゃんはフードつきタオルを、ワンオペお風呂担当のママさんはバスローブを準備して風邪をひかないようにしましょう。

双子を順番にお風呂に入れるとなればなおさら、赤ちゃんもママさんも体が冷えないようにスピード勝負となります。

ハプニング3 うんちおしっこ

お風呂でリラックスした赤ちゃんはうんちやおしっこをお風呂でしてしまうこともあります。

体をふいたらすぐにおむつをはかせましょう。

また、湯舟につかっているときにいきむ様子があったらすぐに出すことをおススメします。

せっかくお風呂にいれたのに、はじめからやりなおしではがっかりしてしまいます。

ハプニング4 吐き戻し

授乳は水分補給も兼ねて入浴後にすることで吐き戻しハプニングを軽減できます。

赤ちゃんの吐き戻しの原因は胃の形状にあると言われています。

お風呂では体を寝かせた状態になることも多いため、より吐き戻ししやすいです。

まとめ

ワンオペお風呂では準備と手順をおさえ、どんなハプニングが起こってもやりきることが大切です。

便利グッズはワンオペお風呂だけでなく育児中利用できる場面が多いので、準備しておくことをおススメします。

ママさんが疲れているときには、温かいタオルで体をふいてあげるだけの日があっても問題ないです。

育児は毎日続きます。

「お風呂は何時から」とか

「毎日入れなきゃ」など

決め事にとらわれず乗り切ってくださいね。

いずれ兄弟で入ってくれるようになったりして、ママの一人お風呂時間も確保できるようになります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次